就職に有利な資格について調べてみた

就職活動に有利な資格はTOEIC

就職活動をしている先輩からも話を聞く機会が多いですが、やはり、資格取得をしておくことが、自分の強みになると考えている人が多いようです。
就職してからも、特定の資格を取得しておくことで、有利に働いているという話もよく聞きます。

その中でも有利になる可能性が高い、多くの会社で積極的に取得を推奨されているのが、TOIECです。
その人の英語能力を図ることが出来るTOIECで、会社によっては、スコアが何点以上でないと、応募資格を得ることも出来ないと言われています。
英語能力が必要になる外資系企業ではもちろん、グローバル展開を行っている企業、将来的に成長が見込まれている企業の多くで、TOIECは注目されている存在です。

資格として胸を張れるスコアは、最低600点以上と言われています。
企業によっても異なりますが、外資系企業などの場合は、最低でも800点は取っておきたい所です。

日商簿記で簿記の基本を学ぶ

しっかりと勉強さえすれば、意外と簡単に取ることが出来るという人が多いのが、日商簿記の資格です。
取る難易度の割に、重宝されることが多い資格として、勉強している人も周りにたくさんいます。
特に、経済系の企業に行く場合は、必須資格であると言っても過言ではないでしょう。

大学の経済学部などでは、日商簿記の内容が、必修授業として一通り勉強出来るみたいです。
3級の資格であれば、講義内で学んだまま合格できると考えている人が多く、日商簿記を持っているか持っていないかで、大きな差が出ることもあるでしょう。
知識としてだけではなく、履歴書に書くことが出来る資格という形で、取得をする学生も少なくありません。

日商簿記は3級から1級まで、年に三回受験日がある点と、そこまでハードルが高くないという点が特徴の資格です。
ですが、持っているだけで、就活では一目置かれることも多い資格として、先輩たちからもおすすめされます。

ダントツでおすすめされる秘書検定

大学生のうちに絶対に取得しておいた方が良いとよく言われるのが、秘書検定です。
資格取得を出来なくても、勉強をしているだけで、社会に出た時に大きな差が出ると、絶対取得をおすすめされます。

秘書検定は、一般知識や職務知識、ビジネスマナーなどを始め、企業で働く際の基本的なマナーや教養を身に着けることが出来る資格です。
3級から1級まであり、上の級になると実技試験も行われます。

秘書検定の資格取得をしているかどうかで、社会に出てから、他の人と大きな差が出ると感じているビジネスパーソンは多いようです。
今までアルバイトなどをしたことが無いという場合は特に、絶対に勉強をしておいた方が良いと言われることも少なくありません。