iPhoneを紛失してしまったら…?

iPhoneをなくしたら「Hey Siri」

何かと頼りにしてしまうiPhoneですが、それだけに使いたい時に行方不明になってしまっていると軽いパニック状態になったりします。

かばんの中をひっくり返したり、いつも置いている机の上などをくまなく探してもどうしても見つからない時には「もしかして外に置き忘れてしまったかも?」といった不安を感じてしまいますよね。

そんな時にぜひ試してもらいたいのが「Hey Siri」といつものように呼びかけてみることです。

いつもiPhoneを使うときにSiriを起動してやってもらっている人がほとんど思いますが、実はこのSiriは仮に電源に接続していなくても起動をすることができます。

携帯電話(フューチャーフォン)の頃からなくしたときにする方法と言えば自分の番号にかけてみるということが定番ですが、iPhoneの場合にはわざわざ別の電話を用意しなくても呼びかけをするだけでどこにいるかを教えてもらうことができるのです。

僕は一人暮らしで自宅に家電を引いていないので、他の電話からかけてみるということが自宅内で簡単に行うことができません。

ですので「Hey Siri」と呼びかけるだけで「私はここにいます。」と応答をしてもらえるのはとても便利です。

なんでも「Hey Siriどこにいる?」という質問に対しての回答は一通りではなく複数あるということですので、なくしたわけでなくても何度もためしてみると意外に面白い答えを聞くことができるかもしれません。

iCloudを利用してiPhoneを探す

端末がもう一つ必要になりますが、iPhoneを探すことはApple IDを取得して別のアプリから行うことができます。

Appleが提供している「iCloud」では「iPhoneを探す」という項目がメニューに用意されているので、ログイン後にそちらを開くことでマップが開いてその端末がある場所を教えてくれます。

なおこの「iCloud」では場所を地図上に表示することができるだけでなく、その端末で音楽を再生させたり、パスワードを設定、もしくは内部データの全消去といったことも選択することができます。

この機能を使用するためには事前にApple IDを取得しておくことが必要になるので、実際になくしてから慌てることがないように事前にID取得とだいたいの流れを確認しておくとよいでしょう。

地図上で端末の位置を確認して明らかに自分の行動範囲と違っていた場合などはすみやかに対応ができるのでとても便利です。

ログインは他の携帯端末だけでなく、パソコンからもできるので紛失時だけでなくデータの保存やバックアップにも利用しておくとよいと思います。

早めに回線停止をしてしまいましょう

自宅にいて紛失したということがわかっている場合ならばともかく、盗難や置き忘れの可能性がある場合なら早めに回線を停止することが勧められます。

最近はスマホがあればかなりのことができてしまうので、ログイン画面にロックをかけていなかったり、買い物サイトなどで自分のパスワードが入れっぱなしになっている人などはかなり悪用される可能性が高くなります。

もし紛失してしまったことがわかったら、すみやかにAppleのサポートディスクに電話をかけて回線の停止をお願いするのが一番の方法となります。

紛失時にかけるヘルプデスクは一般のサポートとは別に回線を用意していることが多いので、万が一の時のために電話番号を控えて財布の中などにしまっておいてください。