ヒト型案内ロボットの話

導入が進められている、人型案内ロボット

近年企業でも、積極的な導入が進められているのが、人型案内ロボットです。
まるで本物の人間のように成功に作られている人型のロボットが、道案内や接客など、様々な案内をしてくれるとして、企業で取り入れられることが増えてきています。
例えば、接客業務でも人型案内ロボットの導入が進められている所が多く、お客様のお相手を、ロボットが行っている場所も少なくないでしょう。

もちろん、どんなときにも活用できるというわけではありません。
生身の人間が対応をするべき仕事も多くあります。
ですが、受付業務など、ある程度はマニュアルが出来上がっている接客の場合は話が別です。
わざわざ人間が時間をかけて接客をするよりも、ロボットに任せて自分は他の仕事をするという人も居ます。

人型案内ロボットはどんな場面で重宝されるのか

人型案内ロボットは、様々な場面で活用することが出来る、近未来的ロボットと言えるでしょう。
色んな場面で活用されますが、例えば、ホテルなどの受付業務を始め、深夜帯の飲食店、テーマパークなど、ありとあらゆる場所で活用可能です。
さらに、バウリンガルにも対応している機能の場合は、外国語も瞬時に離すことが出来ますので、海外の旅行者に対しても的確な案内をすることが出来るでしょう。

設置されているタブレットなどに必要情報を記入することで、ホテルの受付業務なども対応が可能になります。
24時間365日働くことが出来ますので、人材不足に嘆いている企業などにとっては、非常に魅力的な存在と言えるでしょう。

また人型案内ロボットの場合は、接客に欠かせない基本の身だしなみ面も安心できます。
髪形やメイク、表情なども設定で思うままですので、会社の規定に合わせたタイプを発注すれば、簡単に用意することが出来るでしょう。
さらに、人が入ることが出来ないような危険地帯の場合でも、案内ロボなら安心して任せることが出来ます。

案内のミスが起こりえない点が特徴です

人型案内ロボットの場合は、しっかりとプログラミングしておけば、案内にミスが起きるわけがありません。
人と違って記憶違いなどもありませんので、安心して仕事を任せられる点と特徴と言えるでしょう。

ただし、人ならではの温かみ、人と人とのコミュニケーションを大切にするという点は、残念ながらまだまだ解決されていないでしょう。
うろ覚えの状態で検索をかけると、ロボットが対応をしきれず、お客様の望む情報を得られずに、あろうことか間違った情報を与えてしまうこともあります。
その点はある程度調整をしていかないと、こうした事態になることもあるという事を、頭に入れて置いてみてください。