機械いじりが趣味の大学生ブログ

工学部で学んでいること

産業や生活の基盤に欠かせない技術

電機や電子工学は、現代のありとあらゆる産業や生活の基盤として、欠かすことができない化学技術です。

たとえば、主要として挙げられるのは、大規模な集積回路や、光半導体デバイスを使った各電子情報通信システム、ロボット、自動車、通信衛星、医療福祉機器といった人工知能などです。

現在、私たちの生活のなかで欠かすことのできないエネルギーである電力は、安定供給を図るために機器の開発や研究が進められています。

工学部では、様々なことを学びますが主に3つの専攻があります。
一つは、半導体や誘電体、超伝導体などの電子材料に関しての基礎科学。
ナノテクノロジーを応用した、光電子デバイスの発明です。

それを活用した計測や制御、情報通信、メディアに関するハードウェアとソフトウェアの技術が2つ目に挙げられます。
最後に、電気エネルギーの生成や伝送、それに関係したシステムの理論と実用などの学術分野があります。

基礎から応用まで様々な教育を受けます。
実際には、3つの専攻の他にも、エネルギー科学研究などの専攻もあります。

具体的にどういったことを学んでいるか

具体的にいえば、1年生の時に数学や物理学などの基礎科目の他に、電気電子回路や、電磁気学、情報通信などの基礎、プログラミングの基礎、デバイスや電子材料などの初歩的な学習をします。

2年生の時にも同じように基礎から始まりますが、徐々に応用へと変わっていきます。

3年生になると、より進んだ電気電子光学実験を行います。
また、将来なりたいものに合わせた科目を自由に選択します。

4年生になったら、選択科目に加えて特別研究を行います。
各自気になっていることへの専門的知識を高めるためです。

工学部と言っても、外国語や人文、社会科学の教養科目もあります。
自然現象や科学技術などへの興味関心を養い、理論的思考力と基礎学力を総合的に学んでいきます。

将来は、あらゆる分野での活躍が期待されています。
工学部へのニーズは大きいですから、エネルギーや情報化社会を支える指導者、研究者、技術者として活躍している先輩が多くいます。
僕が通っている学校の、卒業生の方の声がホームページに紹介されていたので、ここでも紹介しておきますね。

卒業した先輩の声

電気電子工学が対象としている分野は幅広く、それぞれの最先端をいく研究に携わった先生から電子電気工学を学びました。
学んでいることが応用の分野や、研究でどのように生かされているか、そういった講義を聞くことで、更に興味が描き立てられました。

研究室では、最先端の実験装置を使って研究を進めます。
書籍で記されたことだけではなく、物理現象の実態を目でとらえることができます。

自分が持っている知識や技術を、さらに発想でカバーしながら学ぶ、そんな学科です。
これからの社会での活躍の幅は、より広がっていくことでしょう。

先輩は、こんな声を寄せていました。
学んでいることは、専門的すぎてはたから見ればただの「電子バカ」です。

よっぽど機械いじりが好きじゃなければできませんね。
研究好きな人間が集まった学科です。

学校生活と日常