機械いじりが趣味の大学生ブログ

卒業したらやりたいこと

工具

工学部の将来は幅広い

社会的には、情報関連技術者や電子電気工学系の人材が求められる職業が多くあります。業種や職種の区分は様々です。

電子機器、電気機器、製造に至るまで幅広い選択肢が待っています。元々機械いじりが好きで工学部に入ったので、将来の目標はあると思われがちですが、工学部でもなりたいものが決まっていない生徒はたくさんいます、僕を含めて。

たいていの卒業生が、サービス業や製造業、技術職に流れていきますが、博士号を目指して大学院に進学する人もたくさんいます。

友人で一人、研究を続けたいという人がいます。それまで学生を続ける気は、僕にはありません。早く卒業して、知識や技術を発揮し、より学べる職に就きたいと考えています。

卒業生の話を聞いてみて

先日、工学部を卒業した先輩と話す機会がありました。その先輩は、電気電子工学を学び、博士後期に在学中だそうです。

小さい頃から、電気電子回路に興味があったそうで、そこからコンピューターに興味を持って、大学に入ったそうです。電気電子といってもかなり範囲が広く、工学部では物理化学に近い分野から情報通信などの分野まであります。

そこでは、研究室に入ることに決めて、待機簿集積回路の研究を進めているそうです。携帯電話やパソコンなどの情報機器の主要な部分を形成している+SIを研究し、更に効率の良い設計を研究し続けているそうです。

研究といっても常に研究しているわけではありません。ある程度成果をあげなければいけませんから、学生とはいえど大変だそうです。

そんな卒業後も良いかなと思いましたが、やはり探求心がなければ続かないと先輩が言っていました。高い能力と探求心は、研究者に必須と言えますね。

優秀な人はどんどん上を目指す

ちなみにその先輩は、太鼓判を押されて推薦入試に合格するほど優れた人で、学業に没頭してたらいつのまにか推薦に受かったとのことです。もちろん細かな部分(推薦入試の志望理由書の書き方など)は、多少なりとも勉強してたとのことですが、実際それだけ優秀な人はどんどん上を目指すべきですし、せっかくの能力を埋もれさせておくべきではないと思います。

周囲の人も、先輩のような伸びしろのある学生を推薦できるような環境が望ましいんでしょうね。

特に、回路やコンピューターなどの通信分野では、最近、ハードウェアとソフトウェアの両方を扱える人材が必要とされているそうなので、そんな人材になりたいと先輩が言っていました。

自分は大学院に進むのか、それとも就職するのか。まだ決めてはいませんが、卒業後もずっと、機械いじりだけは続けていきたいですね。

学校生活と日常