機械いじりが趣味の大学生ブログ

ラジオペンチやニッパーの説明

工具について

ラジオペンチとは、ただのペンチのことです。
多くの人が、ラジペンやラジオペンチと呼んでいますが、ただのペンチのこと。

ラジオはどうしてついているのか?
その語源についてはいろいろと言われていますが、こんな質問もありました。
>>ラジオペンチとはどんな意味ですか? | Yahoo!知恵袋

僕もあまり知らないのですが、ラジオペンチのラジオは、ラジオを修理する時に使用されていたからそう名前がついたという由来があります。
実際のところは、どういった語源なのかはわかりません。

ペンチの共通点は、「物を挟むこと」です。基本的には、家庭に1つあったら便利だと思う工具です。
ラジオペンチは、その中でも先端が細長いという特徴があります。

ピンセットよりも強度が高く、ピンセットは細かい作業の為に作られていますが、力が必要な作業では使用できません。

そこで、ラジオペンチが使われるわけです。
何かを抜いたり、刺したり、掴む以外にも用途があります。

ペンチは、ラジオペンチと似ていますが違いは長さです。
力のかかり方があまく、ラジオペンチよりも短めで太い形状となっています。

ペンチと似た工具で、プライヤーがあります。
プライヤーは僕でもあまり使いません。

ペンチよりも使い勝手が良いようですが、僕はたいはんラジオペンチで済ませてしまいます。
調整用の穴が開いていないほうで、回して作業することが基本ですが、簡単に言えばペンチよりも挟み込むサイズを調整して掴むことができるものです。

ラジオペンチは、ロング版があります。
かなり先端がロングなので、狭い隙間に入れ込むことができます。

様々な使い道がありますし、初心者向けの工具としてはラジオペンチの次に、ロング版のラジオペンチが使いやすいでしょう。
最近、ロボットを作る時などに重宝するようになりました。

ニッパーの基礎知識

ニッパーは、何かを切るための道具です。
タイラップや針金など、様々なものを切ることができます。

ハサミと同じ用途で使用しますが、やはり工具ですから、ハサミで切れないものまで切ることができます。
また、ハサミのように刃が交差してしまうことがありません。

ニッパーの丁度真ん中より下あたりの切る部分には、小さな穴が開いています。
これは、配線の外側のゴム部分をやぶるためにあります。

ゴムだけ切ることができるので、ワイヤーストリッパーがない場合はこのニッパーで代用します。
安物ニッパーだと、穴がないタイプもあります。

ニッパーの切れ味は再生できる

ニッパーは、基本的に研ぐとかみ合わせが悪くなると言われています。
ですが、切れ味の悪いニッパーは、研ぐことである程度再生することができます。

買い直せば良い話ですが、そうにもいかない値段がするニッパーの場合は、ご自身で研ぎましょう。
研ぐ際は、ダイヤモンドシャープナーなどを使うとキレイに研ぐことができます。

ダイヤモンドシャープナーもそこそこ良い値段がするので、ニッパーを新調したほうが早いかもしれません。

ニッパーの研ぎ方に関しての説明があるような、参考書、インターネットサイトはありません。
研ぎ方は、ニッパーの口を閉じて、くちばしの背中を研ぎます。
刃の斜面側を研いでしまうと、刃が合わなくなるので注意しましょう。

機械いじりの基礎知識