機械いじりが趣味の大学生ブログ

最近のPCキーボードについて紹介します

キーボード

キーボードは浅く感覚が少ないのが主流

キーボードには色々な種類があります。
特に大きな違いと言えば、キーボード同士の間隔、キーボードを押したときの沈む深さの違いがあるでしょう。
キーボードによってその差は歴然で、自分に合っている広さと深さでないと、なかなか早く押すことが出来ないと言われています。

近年人気が高いのは、キー同士の間隔が狭い、キーの大きさ自体が小さい、コンパクトタイプです。
キーの深さも浅めに設定されていることが多く、カタカタと打つというよりも、ササッと打つ、という感覚のキーボードが多いでしょう。
普通のキーボードでうち慣れていると、何となく打ちにくいと感じる方も多いようです。

最近のキーボードは、パソコンと同じで、とにかくスマートに、とにかくコンパクトにを心がけていることが多いため、今までのパソコンと感覚が違うと感じる方も少なくありません。
ただし、うち慣れてしまえば、指への負担も少なくて済むので、何かと便利に使えるでしょう。

洗えるキーボードも人気

最近のPCキーボード、何と水で丸洗いできるタイプがあるみたいです。
バッファローから販売されている、BSKBU12BKなどを始め、汚れた時にそのまま水で洗える、防水性に優れたタイプのキーボードも販売されています。
毎日のように使うからこそ、丁寧に使っていても気が付いたら汚れてしまうという方も多いと思うのですが、これならさっと洗うだけで汚れも簡単に落とせて便利。

万が一飲み物をこぼしてしまったとなっても、防水性に優れているので、さっと洗えば問題ありません。
しいて言うなら、洗剤は使えない、洗った後はしっかりと乾かさないといけないというのはありますが、常に綺麗なキーボードで居られるのは魅力でしょう。
水で与えるからこそ、表面の汚れだけではなく、キーボードの奥に入ってしまっている汚れもきれいに出来ます。

折り畳み式キーボードでもち運びも楽ちん

パソコンを持ち運ぶという方も多いと思いますが、合わせて、折り畳み式キーボードを持ち歩くという方も少なくありません。
中央から二つに折りたたむことが出来るタイプのキーボードで、鞄の中にさっと入れることが出来る、とても便利なタイプです。
防水仕様になっているタイプもあるので、ある程度の水濡れも大丈夫なのがうれしいポイントです。
バッテリー式のタイプもあり、持続時間は約三か月にも上るほど、パフォーマンスが高いタイプもありますので、便利に活用できるでしょう。

最近はこのように、色々と便利に使えるタイプのキーボードが販売されています。
日頃の使い道に合わせて、自分に合っているキーボードを選ぶと、ストレスなく使うことが出来るでしょう。

機械の話